Company

企業情報

社長挨拶

Message

システムの力で新しい価値を生み出す

システムフォワードの設立は2002年。その当時、私の父は、福島県でカニの籠漁を営み、冬場は紅ズワイガニなど上質で美味なカニを水揚げしていました。但し、ズワイガニといえば日本海。太平洋側の福島県沖でカニが獲れることなど、消費者には知られていなかったのです。

そのため、ブランド先行型の一般流通において、漁場としての知名度のなさゆえに、市場で評価されず安い価格で取引されていました。それもあってか、 福島県で5隻あったカニ籠漁船は、私の父の船ただ一隻だけになってしまい、このままでは衰退していく一方でした。

このような状況に至った最大の要因は「生産者自身が価格を決められない」ことではないでしょうか。生産物を獲るまでの原価等は全く無視され、小売で決められた価格が全てであり、その価格から逆算した価格以外では取引ができないのです。つまり、生産者自身の努力では解決できないところに問題があったのです。

そこで、私が父のために何を出来るか考えた結果「生産者が直接販売できるECサイトをつくれば、生産者自ら価格を決めることができる」と考え「生産者がカニを直販する独自のサイト」を2002年11月に立ち上げました。

立ち上げ当初は殆んど売れませんでした。しかし多くの失敗を重ねながらも、様々な販売方法を試行錯誤した結果、3年で年間3万5千匹ものカニを売るECサイトに成長させることができました。

更に、2007年には市場流通を一切通さず20万匹のカニを販売するビジネスモデルも確立し、衰退していた漁業にイノベーションをもたらし、ネットとリアルを融合で新しい価値を生み出すことができたのです。

その実績を基に、 2011年には、弁当の注文管理を自動化するクラウドサービス「弁当注文.com」、 2015年には、リストバンドをかざしてインターネットで決済するクラウドサービス「eリストバンド決済」、2018年には、展示会の受付がQRコードで管理できるクラウドサービス「展示会受付.com」と、新しい価値のサービスを提供するに至りました。

これからも、私共は初心を忘れることなく、ネットとリアルを融合するシステムの力で、これからも新しい価値のサービスを開発・提供し、社会の発展に貢献していきたいと思います。

代表取締役 大内 一也